Sto乾式吹付けモルタル工法

図:イメージ

優れた施工性能でライフサイクルコストを低減

コンクリート構造物の断面修復に用いられる、プレミクストモルタルを使用した乾式吹付け工法です。
優れた施工性、速乾性、高品質断面形成が特徴で、ライフサイクルコストの低減、現場環境の改善を図れます。

技術の概要

図:技術の概要
図:技術の概要
本工法は、コンクリート構造物の補修・補強工法として、ドイツSto社の製品・技術を導入したポリマーセメントモルタル吹付け工法です。同社はヨーロッパでコンクリート補修において30年以上の実績があります。当社もこの工法の導入により、経済的かつ耐久性の高い補修・補強工事を提供いたします。

乾式と湿式の違い

湿式吹付け
水とミキシングされたポリマーセメント

図:湿式吹付け

乾式吹付け
乾燥 ポリマーセメント

図:乾式吹付け

特徴・優位性

施工性
高品質断面形成
現場環境の改善

優れた施工性

  • 長距離圧送で広範囲の施工が可能(水平最大300m、垂直最大150m)
  • 鉄筋裏等の狭隘部への充填性に優れる
  • 速乾性があり、桁や橋台等の振動下での施工性が良い
  • 天井面での厚吹き施工が可能
  • 長時間の施工中断が可能で管内閉塞がない
  • 現場でのミキシング作業が不要

高品質断面形成

  • 時速200kmの高速吹付けにより細部まで充填、高密度な断面を形成
  • 母材コンクリートに強固に付着
  • 高性能ポリマーセメントによる弾性係数の低減、母材変位に追従
  • 中性化や塩害等に対する耐久性に優れ、コンクリートの長寿命化が図れる
  • 早期強度発現

現場環境の改善

  • サイロシステムによる省力化と発生粉塵の低減
  • 梱包ゴミや残モルタル、洗浄水がない

適用構造物

  • トンネル
  • 擁壁
  • 橋りょう
  • 水利構造物
  • 港湾施設
  • プラント設備
  • 上下水道施設
  • 管渠
  • 函渠
  • 鉄塔基礎
  • その他の建築等、母材がコンクリートであるもの
写真:適用構造物
写真:適用構造物
写真:適用構造物
写真:適用構造物
写真:適用構造物
写真:適用構造物

施工の流れ

写真:施工の流れ
1.ハツリ状況
写真:施工の流れ
2.高圧洗浄(50MPa)
写真:施工の流れ
3.鉄筋防錆剤塗布
写真:施工の流れ
4.乾式吹付け状況
写真:施工の流れ
5.表面保護(必要に応じて)

他の工法との比較

乾式吹付工法 湿式吹付工法 左官工法
圧縮強度 60N/mm2(材齢28日) 40.8N/mm2(材齢28日) 25~45N/mm2(材齢28日)
付着強度 2.5N/mm2(材齢28日) 2.5N/mm2(材齢28日) 1.0~2.4N/mm2(材齢28日)
弾性係数 29.6KN/mm2(材齢28日) 19.8KN/mm2(材齢28日) 19.2KN/mm2(材齢28日)
総合評価 施工能力、品質、経済性に優れる。 長距離圧送は不可(80m程度まで)。表面の金コテ仕上げが容易、リバウンド・粉塵が少ない。 機械運搬が不要で、小規模施工では経済的。施工品質は鉄筋背面・上向き施工では不確実。技量に左右される。

担当者メッセージ

コンクリートに命を吹き込む

写真:担当者メッセージ

土木本部 コンクリート事業部
小島 斎

当社がSto乾式吹付けモルタル工法を導入したのは2004年、日本では初めてのライセンス契約でした。この工法はドイツで開発されたものです。ヨーロッパは構造物を補修して使い続けることが一般的ですが、日本は新しく造る文化で、当時はまだ補修を重視していませんでした。が、当社は鉄道工事を手掛けていたこともあり、限られた時間で高い生産性を有する技術を模索した中で速乾性が高く、中断が可能で、強度が出る乾式工法に注目し、Sto社の技術導入を決定したのです。他社に先駆けて導入し、日本での施工実績を豊富に積んだことが信頼につながり、コンクリート補修分野で順調に受注を伸ばしています。
この工法は強度や耐久性などの品質に加え、施工性に優れているので、どんなに難攻不落と見える場所でも施工が可能。本体機を中心に半径300メートルの範囲であれば、狭隘な場所でも高所でも対応できます。コンクリート構造物の大改修時代を迎えた今の日本に、まさに求められる工法だといえましょう。若い社員にもこの技術を受け継いでもらい、あらゆるコンクリート構造物の長寿命化に貢献し、コンクリートに新たな命を吹き込んでほしいと思っています。
写真:担当者メッセージ

技術を受け継ぎ、さらなる進化をめざす

新潟土木工事所佐藤 敬佳

Sto乾式吹き付けモルタル工法は、もっと幅広い分野での適用が見込める時代の要請にかなった工法です。また、これを軸にしての技術開発もできるはず。この工法についてできるだけ多くの適用現場を経験し、先輩に積極的に質問して、技術を身につけていきたいと思います。そして、資格を取得し、自分で現場を監督できるようになりたいです。『難攻不落』、任せてください。

この技術に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム